こどもスナップ |初心者のための写真が上手くなるブログ

こどもの写真をキレイに撮ろう! ニコン一眼レフとディズニーが大好きなカメラブログ

MENU

我が子の成長を一眼レフで残そう。初めての一眼レフ選びと必要なアクセサリーまとめ

みなさんこんにちは!
へちまパパ(@hechima_papa)です。

今回は初めての一眼レフカメラの選びと同時に買っておくと良いアクセサリー関係をご紹介。 

ターゲットは産まれたばかり〜1歳ぐらいのお子さんがいるパパ。

これくらいの子どもはベビーカーは必須でまだオムツも外れていないし、お着替えや水筒やお食事セットやら、お出かけの時は結構な量の荷物を持つことになります。

 

www.hechima-papa.com

こちらでも書きましたが、外出時はこれ以上余計なものは持ちたくないんですよね。カメラも小型で軽量なのが望ましいです。

 

カメラが軽いと持ち出す機会も増えます。

 

www.hechima-papa.com

 

それでは行きましょう〜

 

まずは一眼レフ選び

最初に断っておきますが僕は熱狂的なニコン党なので、今回はニコン以外の製品は出ません! というかニコン以外のものは詳しくないので下手に紹介できません。

今回の場合、大きくて重たいカメラは無しなので小型軽量のカメラを選びましょう。そして、現代に欠かせないのがスマホとの連動です。スマホと連動することで一眼レフで撮った写真がすぐスマホへ送信され、SNSでスムーズにシェアすることができますので、爺ちゃん婆ちゃんへ孫の写真がすぐ送信できちゃいます。

ニコンではSnapBridge(スナップブリッジ)というスマホアプリがあるのでBluetooh搭載のカメラであればスマホとの連動が可能になります。ちなみにWiFi搭載のカメラもありますがWiFiだけだとSnapBridgeは対応しませんので注意です。

  • 小型で軽量
  • Bluetooth搭載 

この2点で一眼レフを見ていきましょう。

 

小型で軽量なDXフォーマット

ニコンから出している一眼レフカメラは大きく分けて2つ。

  • FXフォーマット(フルサイズ)
  • DXフォーマット(APS-Cサイズ)

FXフォーマットとはイメージセンサーがフルサイズ(写真フィルムと同じサイズ)のカメラで、主にプロやハイアマチュア向け。

イメージセンサーが大きいのでカメラもレンズも大きくて重くなっちゃいます。そして機材の値段も高くつきます。

今回の場合、オススメしたいのはDXフォーマットです。DXフォーマットはFXフォーマットに比べて、イメージセンサーが小さいのでカメラ本体のサイズもコンパクトになり、それに伴ってレンズも小型軽量の物が多いです。

カメラが軽ければ負担にならないでしょう。

 

FXとDXの画質の違い

気になるのはフォーマットの画質の違いですが、違いは無いです。

画質の定義自体が曖昧で人それぞれですが、FXフォーマットはイメージセンサーが大きいぶん、光を受ける面積が広いのでDXフォーマットに比べて高感度ノイズがのりづらい。

大きな違いはそのぐらいなので天気のいいピーカンな状況下ではFXもDXも大差ありません。それぞれ2枚の写真を見比べても違いは分からないでしょう。

www.hechima-papa.com

こんな記事も書きましたが、それぞれFXとDXは適材適所であり画質で争うものではありません。

どっちがキレイな写真が撮れるかは気にしなくて大丈夫です。

 

オススメのDXフォーマット一眼レフカメラ

ニコンD3400

はい、最初にオススメしたい一眼レフカメラはこちらです。

ニコンの一眼レフカメラで最もリーズナブルなエントリー機となります。僕は以前、D3400の先代のD3100を持っていたことがありますが、エントリー機と言っても侮れないですよ。列記とした一眼レフです。小型軽量なのでハンドリングがめっちゃいいのでどこでも連れて行けます。

子どもが生まれるとどうしても荷物が増えちゃうので、余計な荷物は持ちたくないですからね。軽いのは正義です。

Bluetoohtが搭載されてるんでニコンのSnapBridgeにより常にスマホと接続しているので撮った写真をすぐSNSでシェアすることも可能

 

ニコンD5600

もうちょっと背伸びをすれば上位機種のD5600に手が届きます。

D3400との大きな違いは背面の液晶モニターがバリアングルになっているので、いろんなアングルにも挑戦できます。

本体のサイズもD3400とほぼ変わりません。しかもタッチパネル! 

僕はD750を使ってるのですがD750はタッチパネルではないんですね。スマホが普及している現代はタッチパネルで直感的に操作することが当たり前になってきてるので本当に羨ましい機能です。

あとは オートフォーカスがD3400よりも高性能のものが採用され(D610と同等)なのでより正確に速いオートフォーカス性能となっています。

こちらもSnapBridgeが使えるのでスマホと連動が可能です!

www.hechima-papa.com

www.hechima-papa.com

 

紹介したこの2台はカメラ周りの機能は違うものの、撮像センサーと処理エンジンは同等のものが付いているので、画質に関しては変わりはありません。

 

オススメのレンズ

AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR

オススメと言いますかD3400とD5600両機種に共にキットレンズとしてセット販売されているものです。キットレンズですがコイツをナメてはいけません。

Nikon 標準ズームレンズ AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR ニコンDXフォーマット専用

Nikon 標準ズームレンズ AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR ニコンDXフォーマット専用

 

ニコンのレンズはオートフォーカスを動かすモーターに主に小型SWM(超音波モーター)と、プロ御用達レンズには高速のリング型のモーターを使い分けております。今回は新しくAF-Pレンズ/STM(ステッピングモーター)が採用されており、オートフォーカスが超が付くくらい高速になりました。体感的にリング型モーター並みに速いです。

速さもそうですがステッピングモーターは静音性にも優れています。今までのレンズだと動画撮影中はどうしてもオートフォーカス駆動音を拾ってしまうので外付けのマイクとか必要でしたが、ステッピングモーターはとても静かになったのでオートフォーカス音を拾いづらくなってます。

ニッコールレンズテクノロジー | レンズ | ニコンイメージング

 点距離は18mm~55mmなのでよほど遠いものを狙わない限り必要十分は焦点距離をカバーできます。

 

DXフォーマットレンズは焦点距離の表記に注意

DXフォーマットはFXフォーマットよりイメージセンサーが小さいという話は先ほどしましたが、それによって焦点距離の表記に注意することがあります。

例えばカメラが詳しい人は“焦点距離50mm”といえば「標準な画角だな」ってな感じで大体の画角が想像できるようになっています。

  • 28mm:広角
  • 50mm:標準
  • 85mm:中望遠

こんな感じで焦点距離でどんな画角なのか分かるようになっています。

ですがこれはFXフォーマット(フルサイズ)を基準にしたものなのでDXフォーマットにはあてはまりません。

f:id:hechima_papa:20180317135540j:plain

この写真はFXフォーマットのカメラD750に28mmのレンズをつけて撮影したものです。DXフォーマットだとちょうど真ん中をトリミングしたような画角になります。

写真の赤い部分がFXフォーマットが写し出す範囲で青い部分がDXフォーマットが写し出す範囲です。

同じ28mmレンズで撮ってもDXフォーマットのカメラでは小さく(望遠側に)写ります。これはFXフォーマットの画角にちょうど1.5をかけた画角です。

28×1.5=42

青い部分が42mm相当の画角とになります。

DXフォーマットは焦点距離に×1.5をすることでFXフォーマット相当の画角を算出できるということです。

ということでDXフォーマットではこんな感じになります。

  • 18mm:広角=換算28mm
  • 35mm:標準=換算52.5mm
  • 55mm:中望遠=換算82.5mm

これをふまえてもう一度オススメのレンズの焦点距離を見てみましょう。 

このレンズの名称“AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR"の赤い数字が焦点距離を示しています。

Nikon 標準ズームレンズ AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR ニコンDXフォーマット専用

Nikon 標準ズームレンズ AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR ニコンDXフォーマット専用

 

広角端は18mmはフルサイズ換算28mmとなりiphoneのアウトカメラと同じぐらい広い画角で撮ることができ、望遠端の55mmは換算82.5mmで人物撮影時にはっきりと被写体を浮きだたせ背景をボカすことができます。(ポートレイトに適した画角)

f:id:hechima_papa:20180320092607j:plain

f:id:hechima_papa:20180320092626j:plain

f:id:hechima_papa:20180320093032j:plain

ポートレイト写真をあげると顔バレになってしまうので、ディズニーランドのエントランスの写真でスミマセン。こんな感じでDX18mmでもこんなに広い画が撮ることができます。 

 

サードパーティ製レンズはやめておきましょう 

最初の1本は絶対にニコン純正にしておきましょう。

サードパーティ製(シグマやタムロンなど)レンズしか持っていない場合、カメラやレンズに不具合が出るとどちらが悪いのか判断しづらくなってしまいます。

ニコンの一眼レフとニコン純正のレンズの組み合わせだと不具合が出てもメーカー側はすぐに答えを出してくれます。

確かニコンは他社製のレンズに関しては推奨していなかったと思います。

言い方が悪くなりますが、サードパーティ製は無理やりニコンFマウントに合わせて作ってあるので、純正に比べて動作が不安定になりやすいです。ライブビュー(背面の液晶画面で画を確認しながらの撮影)でのオートフォーカスの不具合とか過去にありました。

 

決してサードパーティ製のレンズがダメというわけではないのですが最初の1本目はニコン純正の方が無難ということです。

サードパーティ製レンズの購入は一眼レフカメラに慣れてきて2本目以降のレンズにオススメします。

 

ダブルズームキットは必要ないかな

このD3400やD5600セットには望遠ズームレンズもセットになったダブルズームキットもありますが、望遠ズームレンズはまだ必要無いかとなと思います。

産まれたばかりの我が子を遠くから狙いませんよね。

大きな公園に行って走り回るようになってから望遠ズームの購入を考えてもいいかなと。1歳半〜くらいになっているので、その頃には自分にあったレンズの選び方もできるようになっていると思います。なので今すぐに望遠レンズを買う必要なありません。

 

カメラに必要なアクセサリー

カメラとレンズが決まったら身の回りのアクセサリーを選びましょう。

SDカード

大切な写真を記録するモノ。これがないと写真は撮れません!

容量は16GBでデフォルトの設定(JPEG・画質モードNORM・画像サイズL)で1,200枚は撮れるので十分でしょう。

書き込み速度も45MB/sあれば大丈夫じゃないですかね? あんまり速いもの選ぶと高価になってくるのでこれくらいでいいと思います。

あと、ニコンでは動作保証をしているメーカーが記載されているページがあるので、気になる人は目を通しておいた方がいいかもしれません。

D3400 - 主な仕様 | 一眼レフカメラ | ニコンイメージング

D3400の仕様になりますが下の方にSDカードについて記載されております。

レンズ保護フィルター

レンズの前玉を傷や汚れから守ってくれる必需品。レンズに傷が入ると気分が相当超ヘコみます。最悪です。

保護フィルターは直接レンズにねじ込んで使うので、レンズの口径サイズによって保護フィルターのサイズも確認して選ばないといけません。

オススメであげたキットレンズAF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRは口径サイズは55mmです。55mmの保護フィルターを探しましょう。

レンズフード

オススメしているキットレンズAF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRにはレンズフードが付属してないんですよ。別売りなんですよね〜

ちょっとニコンさんケチすぎます・・・。

Nikon バヨネットフード HB-N106

Nikon バヨネットフード HB-N106

 

レンズフードは余計なゴーストやフレアを防いでくれるだけではなく、大切なレンズを万が一落下させてしまった時や衝撃から守ってくれるので必需品です。

レンズフードを装着する意味は5つの理由があるから。つけないなんてありえない! - パパカメラマンのブログ へちまの備忘録

レンズフード大切な理由はここで書かせてもらってます〜

予備バッテリー

泊りの旅行など予備のバッテリーを持っていた方が電池切れの心配がなく撮影に集中することができます。

バッテリーは必ずニコン純正を買いましょう安価な互換品は品質の保証ができないので最悪カメラの故障することがあります。

Nikon Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL14a

Nikon Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL14a

 

D3400、D5600ともにバッテリーは同じ共通のもが使えます。

 

液晶画面を守る保護フィルター

傷がつきやすい液晶画面を守る保護フィルターも買っておきましょう。これに関しては特に性能差はないのでなんでもいいかと思います。

 

カメラやレンズをキレイに保つグッズ

外で使うことが多いので使った後は毎日キレイにクリーニングすることで、カメラとレンズは長持ちします。愛着もわいてきます。

ブロワー

レンズ面についたチリなど直接手で触れることができない部分を掃除するときに使います。間違ってもフーッと息を吹きかけれないけません。

レンズ交換の際もカメラのミラーボックスの中をささっと吹いてあげるとセンサーにゴミが付くことが防げます。

レンズペン

アクセサリーメーカーであるハクバが出しているクリーニンググッズなんですがこれは超おすすめ。ペンのような形をしているので、どこへでも持ち運べる携帯性に優れています。先端には汚れを吸着できる特殊なチップがついているので、レンズにベッタリついた指紋も簡単に拭き取れます。

クリーニングするカメラやレンズの部位に合わせて多様なレンズペンが販売されておりますが、僕がオススメするのが先端が平面の「レンズフィルター用」です。

 

www.hechima-papa.com

 

レンズ用を選びがちですが、レンズには保護フィルターをつけているのでレンズ自体は汚れないんですよね。汚れるのは保護フィルターの方です。

 

カメラを保管するドライボックス

カメラやレンズはカビが生えることがあります! これ初めての人だと衝撃な事実ですよね。人の指紋や皮脂、ホコリなどを養分にカビは成長します。長期間カバンや押入れに入れておくとカビがレンズ内を蔓延ることがあります。

カビが生えてしまうと個人ではどうにもできることではないので、そうならないためにも大切に保管する必要があります。

カビは高温多湿を好むのでドライボックスに保管することをオススメ。

HAKUBA ドライボックスNEO 5.5L スモーク KMC-39

HAKUBA ドライボックスNEO 5.5L スモーク KMC-39

 

機材が増えるともっと大きは保管場所が必要になってきます。本格的なものだと防湿庫があります。

東洋リビング オートクリーンドライ 防湿庫 39L ブラック ED-41CAT(B)

東洋リビング オートクリーンドライ 防湿庫 39L ブラック ED-41CAT(B)

 

 

センサーについた汚れをキレイにするには

デジタル一眼レフの宿命でもあるイメージセンサーの汚れ。

レンズ交換を工夫して素早くやっても、イメージセンサーにゴミが付くことは防ぎきれないことです。もし撮影した写真に黒いツブツブのようなものが写り込んでいれば、イメージセンサーにゴミが付いています。

ブロアーで吹けば取れることもありますが、中にはブロアーで取れないゴミがあり特に油分を含んだゴミは直接拭きとってクリーニングしなくていけません。

ですが慣れないうちは自分でイメージセンサークリーニングを行うことは絶対にやめておきましょう。クリーニングに失敗してイメージセンサー(ローパスフィルター)に傷をつけてしまうと取り返しがつかないことになってしまいます。

無理はせずニコンのサービスセンターへ送ってイメージセンサーのクリーニングをお願いしましょう。保証期間なら無料で行ってくれます。

www.nikon-image.com

それでも自分でイメージセンサークリーニングをやってみる人は、ニコンからクリーニングキットが販売されています。

Nikon クリーニングキットプロ2 CKP2

Nikon クリーニングキットプロ2 CKP2

 

結構いい値段するので、おとなしくメーカーに送った方がいいかもしれませんね。

 

写真現像をこだわる

撮った写真をイメージ通りに仕上げたい時にこんなソフトもあります。

Adobe Photoshop Lightroom 6(写真現像ソフト)

Adobe Photoshop Lightroom 6(写真現像ソフト)

 

詳しくはこのページでは書きませんが現像はもちろんのこと、写真整理にもすごく役立ってくれます。

f:id:hechima_papa:20180317154110j:plain

例えばディズニーランドに行った時の写真に「ディズニーランド」とキーワードをつけることで多数ある写真の中から簡単に検索できたり、メタデータにはカメラの機種や使用レンズや焦点距離が記録されているので「50mmレンズで撮った写真を探したい」ということも簡単にできます。

www.hechima-papa.com

 

大切な写真を保存する

パソコンに取り込むだけでは大切な写真データを確実に守ることはできません。そのパソコンが壊れてしまえば中身のデータも消えてしまう可能性があります。

僕が推奨するのは外付けハードディスクを2基使ったバックアップ方法です。

www.hechima-papa.com

こっちの記事にバックアップについて詳しく書いておきました。

 

ラトックシステム USB3.1/Gen.2 RAIDケース (HDD2台用・10Gbps対応) RS-EC32-U31R

ラトックシステム USB3.1/Gen.2 RAIDケース (HDD2台用・10Gbps対応) RS-EC32-U31R

 

 

最後に2本目のレンズ選び

最後に2本目にオススメするレンズを紹介したいと思います。

 

www.hechima-papa.com

 

写真を撮っていくうちに欲しいレンズが出てくると思います。ここはキットレンズよりボカした写真が撮れる単焦点レンズを選んでみましょう。

Nikon 単焦点レンズ AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G ニコンDXフォーマット専用

Nikon 単焦点レンズ AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G ニコンDXフォーマット専用

 

 

赤ちゃんの小さな手を撮りたいなら、接写ができるマイクロレンズがあってもいいかと思います。 

Nikon 単焦点マイクロレンズ AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G ニコンDXフォーマット専用

Nikon 単焦点マイクロレンズ AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G ニコンDXフォーマット専用

 
Nikon 単焦点マイクロレンズ AF-S  Micro 60mm f/2.8G ED フルサイズ対応

Nikon 単焦点マイクロレンズ AF-S Micro 60mm f/2.8G ED フルサイズ対応

 

 

ちなみに僕の2本目にオススメの単焦点レンズは28mmです。DXフォーマットカメラで使うと×1.5で42mm相当の画角になります。

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G フルサイズ対応

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G フルサイズ対応

 

FXフォーマットへのステップアップを考えていたのでこちらを選びました。

 

www.hechima-papa.com

www.hechima-papa.com

 

 

レンズの名前に「DX」の記載が含まれるレンズはDXフォーマット専用なのでFXフォーマットのカメラで使用することができません。

実際には使うことは可能なんですが、DXフォーマット専用のレンズはDXフォーマットにカメラに最適化されたレンズです。

f:id:hechima_papa:20180317163229j:plain

FXフォーマットのカメラレンズがDXフォーマット専用だと四隅まで写すことができず、画像のような周りに黒い影“ケラレ”が出ちゃいます。

DXフォーマット専用のレンズは小型で軽量にする分、イメージサークルが小さく設計されているんです。

これじゃあせっかくFXフォーマットのカメラに買い替えても意味がないですよね。

 

もし、自分は将来FXフォーマットのカメラに買い替える予定をたてているぼなら、最初のうちからFXフォーマットに対応したレンズを集めていた方が、いざFXフォーマットへ移行した時でも「DXレンズしかない!」という事態に陥らずに済みます。

 

まとめ

というわけで、最初の一眼レフ選びかたと必要なアクセサリーを紹介させていたきました。 

子どもの成長は待ってくれません。その日の日を一眼レフで思い出を残すことも大切ですね。僕なんかは我が娘に写真を撮りまくったせいか、今ではカメラを向けると嫌がられるようになってしまいました(現在3歳)

まあ嫌われないようするためにも、カメラを向けるのはほどほどにしておいた方がいいですかね(笑)

 

子どものスナップ撮影の上達の秘訣も書いて入りますのでこちらの記事もオススメ。

www.hechima-papa.com

 

世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書 しあわせ子ども写真の撮り方編

世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書 しあわせ子ども写真の撮り方編