こどもスナップ |初心者のための写真が上手くなるブログ

こどもの写真をキレイに撮ろう! ニコン一眼レフとディズニーが大好きなカメラブログ

MENU

ビッグサンダー・マウンテンを100%楽しむには最後尾に乗るべし

f:id:hechima_papa:20180223185038j:plain

ジェットコースターって一番前と一番後ろではどっちが怖いの? ってお話をしようと思うんですが、すでにテレビ番組でやってたんですね。
結論から言うと一番怖いのは一番後ろの座席なんです。

ビッグサンダー・マウンテンも例外なく最後尾が一番スビード感があって最もスリル満点の座席なんです。

でも、車両は繋がっているはずなのに前後でスピードが違うっておかしくないですか?

理解不能????????ですよ(´д`ι)

でもね、ジェットコースターって本当に前後でスピードが違うんですよーー!!

今日はその不思議な疑問を少し物理の勉強を交えながお話しようと思います。

そして、ビッグサンダー・マウンテンでこの一番 オイシイ最後尾の座席に座る方法もお教えしちゃいますね。

 

“怖さ”には物理が絡んでる

ジェットコースターが怖いと感じる一番の要素ってあの感覚ですよね。

フワッと玉が浮く感じ。

女性の場合だとなんて表現するんすかね?
で、なぜ最後尾が怖いのかと言われるのが、このチン寒む的な玉フワを最も感じるのが一番後ろの座席だということ。

ジェットコースターまたはローラーコースターというのは乗り物自体に動力を持っていないのです。この事実知らない人って結構いるよね。
乗り物にはエンジンやモーターがないんですよ。
じゃあなんで猛スピードでレールを疾走できるのか。

ここで少し物理の話!

あらかじめ言っておきますが、僕は全く物理に精通した人間ではないので素人なりに解釈した説明で失礼します。(保険)

簡単に言うと位置エネルギー運動エネルギーに変換しているからジェットコースターは前に進むことができる。

一般的なジェットコースターは発車してすぐにガチャガチャと上り坂を登って行きますよね。あれは上り坂のレールにチェーンが巻いてあって乗り物がチェーンに引っかかり、頂上まで巻き上げているんです。登りのエスカレーターみたいな感じですね。

頂上まで登りきった乗り物は下り坂に差し掛かるとスピードを速めて一気に下ります。その頂上(位置エネルギー)が下り坂(運動エネルギー)に変換されて前進し、あとは惰性だけで最後まで走りきるのがジェットコースターの仕組みなんです。

 

例えば、富士急ハイランドのFUJIYAMAは頂上79mの高さから落下して最高速度は130km/hに達します。そして約2000mの距離を惰性で走り切ります。

f:id:hechima_papa:20180223185227j:plain

 

一番後ろが怖い理由

本題ですが一番後ろが怖い理由は、この位置エネルギーから運動エネルギーに変換されるタイミングにあるんです。

この絵は先頭の車両が落ち始めているのですが、この場合はまだ位置エネルギーが運動エネルギーに変換され始めたばかりなので、速度はまだ出ていませんよね。

ゆっくり落ちる感じ。

 

f:id:hechima_papa:20180223220108j:plain 

 

後ろが落ち始める頃には前の車両は運動エネルギーに変換されています。もちろん前と後ろの車両は繋がっているので同じ速度になりますよね。

てことは、後ろの車両は前に引っ張られる形で速い速度で下り坂を落ちることになります。Rがかかった下り坂を前の車両が通った時よりも速い速度で下るので余計に浮遊感を感じることになるのです。

f:id:hechima_papa:20180223220130j:plain

 

 

逆に同じ理由で一番前が怖くなる場合もあります。

それは丘を登りきった頂上付近で浮遊感を感じる時です。

f:id:hechima_papa:20180223221135j:plain

キャメルバックと言われるラクダのコブのようなアップダウンを登って下る時に、先頭車両は速いスピードで頂上付近を走るので浮遊感を感じやすいです。

 

ビッグサンダー・マウンテンは一番後ろに乗るべし

これまで述べた理由からビッグサンダー・マウンテンは一番後ろの車両の方がスリルを味わうことができます。

ビッグサンダー・マウンテンは6人乗り5輌+先頭の汽車からなる編成で先頭から後ろまでが長いです。先頭と最後尾の速度差が特に出やすいんですね。

前の方に乗っていると坂を登りきって降り始めているのになかなかスピードが出ないなぁーって経験があると思うのですが、それはまだ後ろの車両が登りきっていないからなんです。

逆に後ろの方は登りきる前に先頭の車両が降り始めているので、引っ張られるようにして坂を下り始めることで、前の車両よりもスリルを感じやすいのです。

f:id:hechima_papa:20180223210020p:plain

 

スリル満点な最後尾に乗る方法

ビッグサンダー・マウンテンの真骨頂を堪能するために最後尾に乗車することを勧めましたが。どの車両に乗るかってキャストが決めますよね。手際よくテキパキと。

で、どうやって一番後ろ車両になるかというと、乗る直前にキャストに「何名様ですか?」って聞かれるので

「1回待つので一番後ろでお願いします」と一言伝えます。

1回待つ代わりに一番後の車両に案内してもらうということです。
「おっ、コイツ通だな」と思われる瞬間ですね。ドヤってやりましょう。

シューティングギャラリーのコツを教えるよ! - へちまの備忘録
合わせてビッグサンダー・マウンテンのふもとにあるシューティングギャラリーも楽しいので一度はやっておくべし。

 

まとめ

今回は素人が教壇に立った物理の授業の記事でしたが(汗)
ジェットコースターって前と後ろで全く乗り味が違うんですよね。

FUJIYAMAも前後で全く乗り味が違ってきます。

最後尾だとあの圧倒的な落差70mのファーストドロップを先頭に引っ張られながらの落ちる瞬間は最高の浮遊感が味わえます。逆に先頭車両はこれでもかってくらいのキャメルバックの応酬や、ラストに構える左右にうねるサーフィンコースに猛スピードで突っ込むので最後尾よりも先頭の方がよりスリルを感じることができます。

あとは、夜に乗るビッグサンダー・マウンテンもいいですね。日中とはまた違う表情がみられます。

暗闇を疾走するコースターは暗くて進行方向が予想できず、スピード感も増すので楽しさが倍増します。タイミングよく20時30分あたりに乗車できると花火が打ち上がる時間とかぶるので、また特別なビッグサンダー・マウンテンも体験できますよー。

スペース・マウンテンの場合ですと、このアトラクションは2両編成と短いので前後の差はあまりありません。

僕的オススメの座席は最前列です!

レールが見えない暗闇のなので本当に宇宙空間を飛び回ってるかのような体験ができすよ!

 

www.hechima-papa.com


こちらで書かせていただいいましたが、タワテラはツアーAがオススメです!

 

ではまたっ!