こどもスナップ |初心者のための写真が上手くなるブログ

こどもの写真をキレイに撮ろう! ニコン一眼レフとディズニーが大好きなカメラブログ

MENU

AfterEffectsを使ってカウントアップタイマーを作る方法

f:id:hechima_papa:20180209175818p:plain

みなさんこんにちは!
へちまパパ(@hechima_papa)です。

今回はAfterEffectsネタでいきます。仕事上で得た知識をサクッと書きたいと思います。

0、1、2、3・・・のように10秒間のカウントタイマーを作るとなると、テキストレイヤーを1秒ごとに並べることとなり、少々骨が折れる作業になります。

10秒程度のカウントなら根気でなんとか作れそうでも、これが100秒になると根気が削がれ非常に萎えてしまいます。

今回はエクスプレッションを使って簡単にカウントアップを作る方法を紹介します。

バージョンはCS6です。

 

エクスプレッションを使えば簡単に作れる

エクスプレッションは難しいイメージがつきやすいが、どんなに複雑なエクスプレッションでも出力される答えはひとつです。

「0」と打てば「0」が出力されますし、「1+2」と記入すれば「3」と出力されます。何も難しいことはありません。

今回は10秒カウントアップを作るということで、上記を踏まえてエクスプレッションに何を記入すればカウントアップが作れるか順番に説明していきます。

 

まずはテキストで「0」と打つ

とりあえずなんでもいいのでテキストで文字を打ってみます。

今回は10秒間のカウントアップを作るので「0」と打ってみましょう。

f:id:hechima_papa:20180209173211p:plain

テキストレイヤーをセンターにポジションさせるには

 option + command + home でアンカーポイントをレイヤーの真ん中にして

 command + home でレイヤーを画面のセンターにできます。

 

ちなみに、アンカーポイントをセンタリングさせるopt+com+homeはCC以降に搭載されたものなので、バージョンがCS以前のものは出来ません...

 

ソーステキストにエクスプレッションを挿入

テキストレイヤーのソーステキストにエクスプレッションを挿入して、秒数カウントアップを作成します。

f:id:hechima_papa:20180209173341p:plain

ソーステキストの左横にあるストップウォッチマークをoptionを押しながらクリックしてみましょう。するとエクスプレッションを記入する欄が表示されます。

 

「time」を記入

エクスプレッションに「time」記入します。

f:id:hechima_papa:20180209173517p:plain

「time」とはタイムライン上の現在の位置を値を返します。つまり、タイムマーカーが1秒に位置する時は「1」を返し、5秒の時は「5」を返します。

 

小数点以下を表示させないようにする

これで無事カウントアップが作れたと思いきや、小数点まで表示されてしまいます。

f:id:hechima_papa:20180209173601p:plain

これは10分の1以下の値が出力されている状態なので、出力された値の小数点をカットしなくてはいいけません。

 

「 Math.floor()」で小数点以下をカットする

エクスプレッションに「Math.floor(time)」と記入してみましょう。小数点以下がカットされたと思います。

f:id:hechima_papa:20180209173723p:plain

Math.floor()最も近い小さな整数を返す効果があります。すなわち小数点をバッサリ切るということです。

似たようなものでは「Math.round()」は小数点以下を四捨五入し、「Math.ceil()」は小数点以下を切り上げることができます。これはカウントダウンで使えます。

 

まとめ

今回は単純な10秒カウントタイマーを作ってみました。

要点をまとめますと、タイムライン上の現在の秒数を値として返す「time」をソーステキストに流し、余分な小数点以下を「Math.floor()」を使って切ってあげます。

hechima-papa.hatenablog.com

こちらの記事ではスライダー制御を使った応用を書いてみましたので、興味があれば読んでみてください。

 

AfterEffectsのオススメ書籍

僕は現在、大手ポストプロダクションで番組編集の仕事に携わっております。もちろん僕が編集した映像も公共の電波にとっております。

全くの『0』の状態から触った頃の無いAfterEffectsを手取り足取り教えてくれたのはこの一冊

基本操作やショートカットキー、マスク抜きなどAfterEffectsの基礎の基礎がこの一冊に全て書いてあります。少々お値段は高いですが学校に通うよりかは全然安いと思います。ちなみに僕はこの書籍一冊だけしか本を買っていません。
基礎はこの本から全部教わりました。
AfterEffectsは興味があるけど操作が難しいと思いの人は、この本をおすすめします。